めまい耳鳴り難聴治療専門 横幕鍼灸院(兵庫県神戸市)は、病院で治らない・原因不明と言われためまい・耳鳴り・難聴・メニエール病・聴覚過敏症を専門に薬を使わず治療する鍼灸院です。

めまい耳鳴り難聴治療専門

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

難聴の原因

難聴の原因は、さまざまです。

音を聞く役割を担っている場所のうち、どこが障害を受けているか、なぜ障害を受けたのかによって、難聴の症状、つまり聞こえ方や程度が異なります。

難聴を放置しておくと、聴力の回復が難しくなります。聴力を回復させるには、難聴の原因について知り、早めの対処をすることが大切です。

このページでは、ご自身やご家族の難聴でお困りの方のために、様々な難聴の原因について詳しく解説しています。


【目次】

  1. 難聴の原因となる病変部位
  2. 伝音難聴の原因
  3. 感音難聴の原因
  4. 混合難聴の原因

1.難聴の原因となる病変部位

▲クリックして画像を拡大

耳は、耳の穴から鼓膜までを外耳、鼓膜から内側の耳小骨(じしょうこつ)のある部分を中耳、さらに内側の部分を内耳と言います。

内耳には音を信号に変換する役割のある蝸牛(かぎゅう)や、平衡感覚をつかさどる三半規管や耳石器(じせきき)があり、信号に変換された音が聴神経に伝わって、音として聞こえます。

音が聞こえる仕組みの中の、いずれかの部位に病変が生じることが難聴の原因となります。

難聴の原因となる病変がどの部位にあるかによって、難聴は大きく分類されます。

  • 伝音難聴:難聴の原因となる病変が、外耳から中耳までにあるもの
  • 感音難聴:①内耳性難聴(病変が内耳にあるもの)
         ②後迷路性難聴(病変が聴神経にあるもの)
  • 混合難聴:伝音難聴と感音難聴とをあわせもつもの

難聴の原因はさまざまで、多岐に渡りますが、身近に起こりやすい難聴の原因について、いくつかご紹介します。

2.伝音難聴の原因

伝音難聴の原因は、外耳から中耳に何らかの病変が起きたり、鼓膜が傷ついていたりすることなどが挙げられます。

それにより、内耳まで音を十分に伝えられなくなって難聴が起こります。伝音難聴では、音が十分に伝わらないため、手で耳をふさいだときのような小さい音で聞こえます。

伝音難聴の原因には、遺伝性や耳小骨の奇形、妊娠中の薬の副作用などによる先天的なものと、外耳から中耳に起きた病変による後天的なものがあります。

外耳炎や中耳炎による伝音難聴は、一時的で治療によって治ります。しかし、繰り返した場合には中耳に障害を起こし、聞こえづらさが残ってしまう場合もあります。

■耳垢による詰まり
耳垢がたまることにより聞こえにくくなるもので、高齢者に多いようです。

■外耳炎
耳かきのしすぎで、外耳に傷ができ傷口から細菌が入り、炎症を起こします。また、お風呂やプールで耳に水が入ると外耳炎になることがあります。

■化膿性中耳炎
子どもがかぜをひいたときに起こりやすく、喉や鼻からウイルスや細菌が中耳にまで感染することによって起こります。急性化膿性中耳炎の治療が十分に行われていないと、鼓膜に穴があき、慢性化し、感染が大きくなり難聴が悪化します。

3.感音難聴の原因

感音難聴の原因は、内耳から聴神経・脳に何らかの障害が起こり、音を信号として伝えられなくなることです。

感音難聴の原因には、先天性のものと後天性のものがあります。

■突発性難聴の原因
突発性難聴の原因は、ウイルス感染、血液循環障害、代謝障害、蝸牛内のストレスなどが言われていますが、明らかな原因はわかっていません。つまり、突発性難聴は、ある日突然、片側の耳に、原因不明の感音難聴を発症する病気ということです

突発性難聴の聞こえにくさの程度は重症で、ほとんどの場合、耳鳴り、回転性のめまい、吐き気や嘔吐を伴います。患者さんの数は増えており、その発症原因にストレスによるものも考えられています。

■騒音性感音難聴の原因
騒音性感音難聴の原因は、大きい音にさらされることです。音の強さや難聴を発症した状況で、以下の3つに分類されます。

①音響外傷:突然、衝撃的に大きい音にさらされたことによって起こります。近くで爆発音や発砲音を聞いたときなどに、難聴に耳鳴りや耳が詰まった感じを伴うことがあります。

②急性音響性感音難聴:以前に同じぐらいの大きさの音を聞いたことがあるにもかかわらず、ロックのライブ会場や、工事現場のハンマーや削岩機の音を聞いて、突然発症するものです。

③騒音性突発難聴:長年、工場などで騒音にさらされた生活をしていることによって起こります。突然に片側の耳に重症の難聴を発症します。

■メニエール病
メニエール病は、内耳のリンパ液のバランスが関係していると考えられており、平衡感覚と聞こえに影響するようです。

4.混合難聴の原因

混合難聴は、伝音難聴と感音難聴の両法の原因をあわせもった難聴です。

老人性難聴の原因
老人性難聴の多くは、混合難聴とみられます。老人性難聴の原因は、音を伝えるために重要な役割のある部分が加齢のために劣化することです。

難聴の原因はさまざまですが、できる限り早くに治療を開始することで聴力の改善が見込めます。耳の聞こえに不安があれば、耳鼻科を受診し聴力検査を受けることが大切です。

難聴の原因を知り、適切な治療を行えば、難聴は改善できます。どうぞあきらめないでください。

 

ご予約はこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

休診日
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約はこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

来院される主な症状

  • めまい
  • 良性発作性頭位めまい症(BPPV)
  • ふらつき
  • たちくらみ
  • ふわふわ感
  • 耳鳴り
  • 難聴
  • 感音性難聴
  • 聴覚過敏症
  • 閉塞感
  • 耳管開放症
  • 耳管狭窄症
  • 不安感
  • 不眠
  • イライラ感
  • 動悸
  • 息苦しさ・息切れ
  • だるさ・やる気のなさ
  • 吐き気・食欲不振 
  • のぼせ・ほてり

上記以外の症状も治療可能です。

スタッフ紹介

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

営業時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。