「めまい耳鳴り難聴の情報サイト」は、病院で治らない、原因不明と言われためまい・耳鳴り・難聴・メニエール病・聴覚過敏症などを中心とした情報を提供する、鍼灸院運営の情報サイトです。

めまい耳鳴り難聴の情報サイト

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

めまいの治療

厚生労働省の平成25年国民生活基礎調査の概況によると、めまいを自覚している方は男性が1,000人中13.5人、女性は1,000人中31.2人と、女性に多い傾向にあります。 

めまいには、ぐるぐる回るように感じる「回転性めまい」や、ふわふわした「浮遊性めまい」など、いくつかの種類があります。

ただ、同じタイプの症状であっても、めまいを起こす原因が違えば、めまいの治療方法も異なってきます。

一般的に、めまいの原因となる病気を治療すれば、めまいの症状も軽快していくでしょう。

しかし、中にはめまいの治療が長期間に及び、度重なる通院が負担となるなどして、めまいの治療を中断してしまうケースも少なくありません。 

ご自身が受けるめまいの治療方法がどのようなものかを把握していれば、治療の経過を予測しながら、納得してめまいの治療に向き合うことができます。

めまいの治療方法を知ることは、めまいを治すためにとても大切なことです。このページでは、めまいを治したい方のために、めまいの治療方法について、原因となる病気ごとに分けて詳しく説明しております。  
 
【目次】 

  1. 良性発作性頭位変換性めまい 
  2. メニエール病 
  3. 突発性難聴 
  4. 内耳炎 
  5. 聴神経腫瘍 
  6. 一過性脳虚血発作 
  7. 脳梗塞、脳出血 
  8. 起立性低血圧 

1.良性発作性頭位変換性めまい

良性発作性頭位変換性めまいは、内耳にある耳石の位置がずれたことでめまいが起こっているため、耳石の位置を元に戻す「エプリー法」を行います。

次の姿勢を番号順にそれぞれ30秒ほど行えば、ほとんどのめまいの症状は治まるとされています。 

(1)座った姿勢で、めまいが起こる方向に頭を45度回転させます 
(2)頭の角度を保った状態で寝転びます 
(3)頭を反対側の同じ角度になるまで回します 
(4)次に、床と耳が平行になるまで頭を回します 
(5)続いて、顔が床に向くように頭とからだを回します 
(6)頭を一定方向に回した状態のままからだを起こします 
(7)からだを起こし終わったら、顔を真正面に向けます 

2.メニエール病

メニエール病では、内耳を満たすリンパ液が過剰になり、平衡感覚を維持する機能が低下するためにめまいが起こります。

メニエール病が原因となるめまいの治療は、薬による対症療法が基本で、まれに手術によってリンパ液の排出を促す場合もあります。 

メニエール病の治療に用いる薬には、 

  • 抗めまい薬 
  • ビタミンB12 
  • 抗不安薬 
  • 循環改善薬(ATP製剤) 
  • 自律神経調整薬 
  • 利尿薬 
  • 漢方薬などがあります。 

めまいの症状がひどい場合は、抗めまい薬を点滴して症状の改善を図っていきます。薬によってめまいの症状を緩和しながら、ストレスなどめまいの原因と考えられる生活習慣の改善を行います。 

メニエール病の発病からすぐに治療を開始できれば、早期のうちにめまいの症状は改善が見込めるとされています。場合によっては治療期間が長期に及ぶこともあります。

その場合でも、途中で中断せずに、不安に思うことや疑問は、かかりつけ医にその都度相談しながら、治療を継続するようにしましょう。

3.突発性難聴 

突発性難聴は、突然耳の聞こえが悪くなり、めまいを伴う場合もある病気です。

明らかな原因が解明されているわけではありませんが、難聴やめまいの症状が現れてすぐに治療に取りかかれば、症状の改善が見込めるとされています。 

突発性難聴が原因で起こるめまいの治療方法は、ステロイド薬の点滴や内服が主となります。

このほか、めまいの症状に対して、抗めまい薬や循環改善薬(ATP製剤)、ビタミンB12などを投与していきます。 

突発性難聴では、ステロイド薬の点滴は1週間前後続ける必要があり、また安静を保つために入院して治療を受けることを勧められることが多いでしょう。しかし、安静が保たれ、そして通院をきちんと行えるのであれば、外来での治療も可能といえます。 

 

4.内耳炎 

内耳炎では、内耳の急激な炎症が原因となり、めまいの症状が現れます。

細菌感染を起こしていれば抗菌剤の服用を行います。もし内耳に瘻孔(ろうこう:管状の穴)があれば、手術によってその穴を塞ぐ処置が必要になります。 

5.聴神経腫瘍  

聴神経腫瘍は腫瘍の大きさ、腫瘍がある部位、めまい以外の症状の程度によって治療方針はさまざまです。

聴神経腫瘍は良性の腫瘍のため、腫瘍が小さいうちは、ステロイド薬の投与と定期的なMRI検査で経過をみる場合もあります。

聴神経の腫瘍が小さく聴力が保たれているうちに手術を行い、症状の軽減と聴力の維持を図るという選択肢も考えられます。

いずれにしても、聴神経腫瘍の治療について一定のガイドラインがあるわけではないので、かかりつけ医との意思疎通をきちんと図りながら治療方針を決定していくことが大切になります。 

 

6.一過性脳虚血発作  

一過性脳虚血発作によるめまいの症状は、脳に血液を送る血管が一時的に塞がるなどして血流が滞ることにより起こります。

そのため、血流が滞った原因に応じた治療を行います。 

  • 動脈にできた血栓が原因と思われるもの:抗血小板薬の投与 
  • 血液の滞りでできた血栓がとび、脳血管を塞いだことが原因と思われるもの:抗凝固薬の投与 

めまいの原因が一過性脳虚血発作であれば、特に何もしなくても、めまいの症状はそのうち消失していきます。

しかし、脳梗塞へとつなげないためにも、なるべく早い段階で治療を受けることが大切です。 

 

7.脳梗塞、脳出血   

脳梗塞や脳出血が原因で起こるめまいでは、梗塞や出血の程度、症状、容態の変化などによって治療方針を決定していきます。

病状が比較的軽いうちは、薬の投与による治療で経過をみていくことが多いでしょう。 

ただし、梗塞や出血の範囲が広く、命に関わるような場合には、手術を行います。 

 

 

8.起立性低血圧   

起立性低血圧は、寝転んだり座った状態から頭を起こしたり立ち上がったりする際に血圧が低下し、ふらつきやめまいが起こります。

起立性低血圧に対する根本的な治療法はありませんが、血圧が急に下がる状況を把握し、急な動きをさけ、疲れをためない生活を普段から心がけるとよいでしょう。 

薬による治療では、 

  • 血管収縮薬 
  • 自律神経調整薬 
  • ビタミンB12 
  • 漢方薬

などが処方されることがあります。 

このようにめまいの治療方法は、めまいの原因によってさまざまです。めまいは、治療方法をきちんと理解し、なるべく早い段階で治療を開始すると、完治や症状の改善が見込める病気です。どうぞあきらめないでください。

 

当サイトの運営者について

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

休診日
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約はこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

スタッフ紹介

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

営業時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。