めまい耳鳴り難聴治療専門 横幕鍼灸院(兵庫県神戸市)は、病院で治らない・原因不明と言われためまい・耳鳴り・難聴・メニエール病・聴覚過敏症を専門に薬を使わず治療する鍼灸院です。

めまい耳鳴り難聴治療専門

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

前庭神経炎を治すために

前庭神経炎を治すために

前庭神経炎の症状・原因・治療

前庭(ぜんてい)神経炎は、めまいの原因のひとつです。前庭神経炎の症状として、突然ぐるぐる回る回転性の激しいめまいが起こります。

2~3日続いた後、徐々に症状は軽くなりますが、立ちあがった時や歩行時のふらつきは、長期間続くことが多く、日常生活に支障をきたすことがあります。

前庭神経炎では、悪心(おしん)や嘔吐を伴うことがありますが、耳の聞こえには全く異常がないことが特徴です。

前庭神経炎の多くは、風邪やウイルス感染などの後に発症します。

そのため、平衡感覚をつかさどる前庭神経が、ウイルス感染や血行障害によって障害されて発症すると考えられていますが、明らかな原因はわかっていません。

前庭神経炎は、めまいの症状を改善する薬や、副腎皮質ステロイドで治療します。しかし、立ちあがった時や歩行時のふらつきなどの症状が、長期間残る場合もあります。前庭神経炎の慢性期の症状を改善するには、規則正しい生活や、平衡訓練などがすすめられます。

前庭神経炎の不快な症状を改善するには、症状・原因・治療について知っておくことが大切です。このページでは、前庭神経炎を治したい方のために、前庭神経炎について詳しく説明しております。


【目次】

  1. 前庭神経炎とは
  2. 前庭神経炎の症状
  3. 前庭神経炎の原因
  4. 前庭神経炎の治療
  5. 前庭神経炎を治すために 当院の鍼灸治療
  6. 前庭神経炎が改善された方の声

1. 前庭神経炎とは

前庭神経炎とは、めまいの原因のひとつです。男女とも30歳から50歳代に多く、風邪や発熱の後などに引き続いて、突然発症することが多い病気です。

前庭神経は、耳の奥にある平衡感覚をつかさどっている神経です。

内耳にある半規管(はんきかん)と耳石器(じせきき)で感知した体の回転や直線の動きの信号を脳に伝える働きがあります。

前庭神経炎は、その前庭神経のウイルス感染や血行障害によって発症し、平衡感覚に障害が起こります。そのため、前庭神経炎では、突然ぐるぐるとまわる感覚の回転性のめまいが2~3日続きます。

その後、体を動かした時や、歩く時にふらついたりする症状が、長期間続きます。
めまいの症状を改善する薬や、副腎皮質ステロイドで治療しますが、症状の改善には、規則正しい生活や平衡訓練なども行います。

2. 前庭神経炎の症状

前庭神経炎の症状は、突然、回転性のめまいが起こります。症状は激しく、じっとしていても、頭や体がぐるぐる回る感じがします。また、悪心や嘔吐を伴う場合もあります。

こうした前庭神経炎の症状は、2~3日続くことが多く、1週間程度は歩くことができない場合もあります。その後、徐々に前庭神経炎のめまいの症状は回復します。

しかし、歩行時や体を動かした時にふらつく症状は、しばらく続き、約半数の方では、6ヵ月後でもふらつきの症状が見られることがあるようです。

前庭神経炎の症状として、聞こえには全く異常がないのが特徴です。難聴や耳鳴り、耳が閉塞して詰まる感じなどの症状はありません。それは、内耳の中でも、聴覚をつかさどる蝸牛(かぎゅう)と呼ばれる部分には炎症がないためです。

前庭神経の障害が完全に回復しない場合には、前庭神経炎の症状が残ってしまうことがあります。しかし、前庭代償(ぜんていだいしょう)といって、脳には平衡感覚を調節する機能があり、めまいやふわふわした感じは、その機能によって改善されます。

しかし、体を動かした時や歩行時のふらつきは残ることがあります。

3. 前庭神経炎の原因

前庭神経炎の原因は、明らかになっているわけではありません。

しかし、風邪や発熱、耳鼻科関連の感染症の後に発症することが多いため、ウイルス感染が原因のひとつと考えられています。

また、前庭神経に感染が見られない場合もあり、前庭神経の血管の一時的な血行障害も、前庭神経炎の原因のひとつとしてあげられています。

前庭神経炎でめまいが起きる原因は、内耳の半規管や耳石器から前庭神経までに炎症が発症し、平衡感覚が障害されることによります。

4. 前庭神経炎の治療

前庭神経炎の治療を行う際、発症直後の急性期で回転性のめまいが強い場合には、安静を保つために入院して治療する必要性があります。

■前庭神経炎の急性期の治療

前庭神経炎の急性期の治療としては、めまいなどの症状を軽くする対症療法を行います。

めまいには、一般的なめまいに使用する炭酸水素ナトリウムの静脈内注射、悪心・嘔吐には乗り物酔いなどに使用する抗ヒスタミン薬や吐き気止めが投与されます。

また、ベンゾジアゼピン系といわれる抗不安薬を投与されることもあります。

前庭神経炎の治療には、炎症を抑える副腎皮質ステロイドの投与が有効です。前庭神経炎が発症して3日以内にステロイドの治療を開始すると、急速に症状が改善して、入院期間が短くなる可能性があります。

■前庭神経炎の慢性期の治療

前庭神経炎の急性期以降では、適度な運動が前庭代償を促して、めまいの症状が軽くなることがわかっています。平衡訓練は、理学療法のひとつで、医師の指示に従って行います。いろいろな方法がありますが、一部を紹介しましょう。

  • 両腕を左右に広げて親指を立てます。顔は動かさずに、左右の親指を交互に見ます。
     
  • 両腕を上下に広げて親指を立てます。顔は動かさずに、上下の親指を交互に見ます。
     
  • 左手で顔を押さえます。右腕を伸ばし親指を立てます。左右に動かして、目で追います。
     
  • 右手で顔を押さえます。左腕を伸ばし親指を立てます。上下に動かして、目で追います。
     
  • 右腕を前に伸ばし親指を立てます。親指を見たまま、頭を左右に30度ずつ回します。
    同様に、頭を上下に30度ずつ上げ下げします。同様に、首を左右に傾けます。

前庭神経炎によるめまいは突然発症し、症状が長期にわたって続く場合には、日常生活に大きな支障をきたします。前庭神経炎の急性期の治療が終わったら、適度な運動やバランスの良い食事、規則正しい生活を心がけ、十分な睡眠をとることが重要です。

5.前庭神経炎を治すために 当院の鍼灸治療

病院で検査をしても原因不明、薬による治療を行っても治らない前庭神経炎があります。前庭神経炎のなかには、病院では良くならないものがあります。

様々な病院、治療、薬を受けても症状が改善しません。 

この結果、めまいの症状に加えて、自律神経失調症の症状を引き起こす前庭神経炎方も多くられます。 

前庭神経炎を治すため、当院の鍼灸治療では以下のポイント重点的に治療をします。薬を使わず、副作用のない安心な治療です。

  • 症状を改善する
  • 自律神経のバランスを戻す
  • 根本原因を治療して、再発を防ぐ 

前庭神経炎はいつ治まるのか?不安が大変大きい病気です。病院では一時的に治まっても再発するのが前庭神経炎の特徴です。当院では前庭神経炎の鍼灸治療専門に行っております。前庭神経炎の症状だけではなく、自律神経のバランス、免疫力の向上も大切な治療です。前庭神経炎は原因を見つけ、しっかりと治療をすれば良くなる病気です。どうぞあきらめないで下さい。

前庭神経炎が改善された方の声

神戸市長田区 TSさん 64歳 女性 主婦

元気ってステキ!毎日の生活をていねいにくらしていきます。

▲クリックして拡大

 私は、めまいで6年間耳鼻科に通いましたが、待ち時間が長く、行くだけで疲れていました。また、診察を受けても自分の質問をする時間はありませんでした。

この不調はいつになったらとれるのか?また、いつになったら治るのか?今どのくらいの段階なのか?不安が常にありました。そんな日が続いて、3年前インターネットで横幕鍼灸院を知って早速行きました。

鍼はぜんぜん痛くないし、院内はいつもゆっくり時間が流れ、音楽が心地良く流れています。先生はいつも穏やかで、私のたわいもない質問に答えてくださいます。私は素直になり、元気になります。

鍼灸院に行って3年。めまいもだいぶ落ち着いていきました。あのしんどかった日々を思うと、幸せな気持ちになります。これからは、先生の言われる「体を大事にしてください。体は必ずこたえてくれます。」を心にとめていきます!元気でないと楽しくない。元気ってステキ!毎日の生活をていねいにくらしていきます。

*個人の感想であり効果を保証するものではありません。 

ご予約はこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

休診日
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約はこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

来院される主な症状

  • めまい
  • 良性発作性頭位めまい症(BPPV)
  • ふらつき
  • たちくらみ
  • ふわふわ感
  • 耳鳴り
  • 難聴
  • 感音性難聴
  • 聴覚過敏症
  • 閉塞感
  • 耳管開放症
  • 耳管狭窄症
  • 不安感
  • 不眠
  • イライラ感
  • 動悸
  • 息苦しさ・息切れ
  • だるさ・やる気のなさ
  • 吐き気・食欲不振 
  • のぼせ・ほてり

上記以外の症状も治療可能です。

スタッフ紹介

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

営業時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。