めまい耳鳴り難聴治療専門 横幕鍼灸院(兵庫県神戸市)は、病院で治らない・原因不明と言われためまい・耳鳴り・難聴・メニエール病・聴覚過敏症を専門に薬を使わず治療する鍼灸院です。

めまい耳鳴り難聴治療専門

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

耳鳴りが悪化する時期

更新日:平成29年12月22日

耳鳴りには、病的なものと病的ではないものがあります。静かな場所で聞こえる耳鳴り(病的ではないもの)は、ほぼ全ての人が一度は体験したことがあるのではないでしょうか?

病的な耳鳴りも病的ではない耳鳴りも、感じる音や不快感には個人差があります。 

慢性的な耳鳴りはとてもつらいものですが、耳鳴りを気にしすぎるとそのことがストレスとなり、さらに耳鳴りがひどくなってしまう恐れがあります。

そのため、できるだけ気にしないようにした方が良いのですが、時期により耳鳴りが悪化してしまうことがあります。 

耳鳴りと上手につきあうためには、耳鳴りが悪化する時期について知ることが大切です。このページでは、耳鳴りでお困りの方のために、耳鳴りが悪化する時期について詳しく説明しております。 

 

【目次】

  1. 寒い季節 
  2. 夏 
  3. お天気が悪い時 
  4. 耳鳴りが悪化した時の対処法

1.寒い季節

寒い季節に耳鳴りが悪化する原因は、「温度」です。 

寒くなると、血管が収縮します。血管が細くなると運ばれる血液の量も少なくなるため、全身の血流が悪くなります。

血液が潤沢に行き渡らないと全身でいろいろな問題が生じてくるのですが、耳への血液が不足すると耳鳴りが起きやすくなります。 

耳には音を感じるたくさんの細胞が集まっています。それらが正常に働くためにはたくさんの酸素や栄養が必要です。しかし、寒さで血流が悪くなると、耳への血液も不足してしまいます。 

十分な酸素や栄養が得られないと、聴力は低下する傾向にあります。脳はこれを補おうと感度を上げて音を拾おうとするのですが、雑音も同時に増幅するため耳鳴りがひどくなったと感じてしまうのです。 

寒い季節は血行不良で耳鳴りが悪化しやすい時期です。暖かくして過ごしましょう。

2.夏

夏に耳鳴りが悪化する原因は、「気温差」です。 

昔なら、夏は暑いだけでした。しかし、現在ではエアコンのある環境が多く、外は暑いが室内は寒いという大きな気温差が生まれがちです。 

暑い外から涼しい室内にはいると、一瞬気持ちいいと感じますが身体はそう思っていません。

人の体はうまくできていて、体外が寒いと体温を上げ、体外が暑いと体温を下げるように調節しています。 

これには自律神経が関わっているのですが、感覚的に快適と思っていても、その裏では自律神経が体温調節に力を注いでオーバーワークになっている可能性があります。

これが重なると自律神経に乱れを生じ、その結果耳鳴りを引き起こしてしまうのです。 

夏は自律神経が乱れて耳鳴りが悪化しやすい時期です。急激な気温の変化に気を付けて過ごしましょう。

3.お天気が悪い時

お天気が悪い時に耳鳴りが悪化する原因は、「気圧の変化」です。 

多くの方はその日のお天気を「今日は晴れているな」とか「今日は雨だな」という認識の仕方をされていると思います。

何気なく意識しているお天気ですが、実は気圧が関係しています。 

耳には気圧を感じる場所があり、気圧の変化にいち早く気づき適応しようとします。エレベーターや飛行機に乗った際、耳に異変を感じたことはありませんか?

この違和感は耳の外側と内側に圧力の差が生まれることにより生じます。 

お天気が悪いときは、大抵「低気圧」の状態です。低気圧の環境にいると、体は膨張する傾向にあります。体が膨張すると聞くとかなり怖いですが、目に見えて膨れるわけではなく、膨張するのは細胞や血管です。細胞や血管が膨張すると神経を圧迫し、その結果耳鳴りが生じやすくなります。 

耳鳴りに特に良くない影響を及ぼすのは、梅雨や台風の時期です。この時期は低気圧と高気圧の移り変わりが激しいため、耳鳴りだけでなく頭痛や他の体調不良も起きやすい時期といえます。 

お天気が悪い時は気圧の変化で耳鳴りが悪化しやすい時期です。無理をせず体を休めるようにしましょう。 

4.耳鳴りが悪化した時の対処法

耳鳴りが悪化した時の対処法は、原因により異なります。 

1)血流の悪さが原因と考えられる時

防寒具で寒さを防ぎましょう。太い血管が走っているお腹周りは腹巻きで、頭に至る血管が走っている首はマフラーであたためるとより効果的です。

外からの寒さを防ぐだけでなく、温かい飲み物や食べ物をとり、体の中からも温めましょう。 

2)気温差が原因と考えられる時

急激に温度が変わるような環境をできるだけ避けましょう。外出先では難しいかもしれませんが自宅では快適さだけを求めず、気温差をなるべくなくした生活を心がけましょう。 

3)気圧の変化が原因と考えられる時

気圧の変化で現れる不調を、「気象病」や「天気痛」と呼びます。お天気が悪いときに耳鳴りがひどいときは、耳を優しく揉んだり引っ張ったりしてみましょう。耳の中の圧力差が少し解消されて、症状が和らぐ可能性があります。 

耳鳴りは、外的な影響を受けやすい症状です。耳鳴りが悪化する時期を知ることにより、耳鳴りと上手につきあうことが可能です。耳鳴りは、しっかりと向き合えば良くなる病気です。どうぞあきらめないでください。

ご予約はこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

休診日
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約はこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

来院される主な症状

  • めまい
  • 良性発作性頭位めまい症(BPPV)
  • ふらつき
  • たちくらみ
  • ふわふわ感
  • 耳鳴り
  • 難聴
  • 感音性難聴
  • 聴覚過敏症
  • 閉塞感
  • 耳管開放症
  • 耳管狭窄症
  • 不安感
  • 不眠
  • イライラ感
  • 動悸
  • 息苦しさ・息切れ
  • だるさ・やる気のなさ
  • 吐き気・食欲不振 
  • のぼせ・ほてり

上記以外の症状も治療可能です。

スタッフ紹介

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

営業時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。