「めまい耳鳴り難聴の情報サイト」は、病院で治らない、原因不明と言われためまい・耳鳴り・難聴・メニエール病・聴覚過敏症などを中心とした情報を提供する、鍼灸院運営の情報サイトです。

めまい耳鳴り難聴の情報サイト

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

人工内耳について

人工内耳は、音の聴こえ方に障害がある難聴の方に対して施す人工的な臓器です。

難聴を患っている方でも、とくに補聴器では効果の得られない重度の方が適応の対象となります。

一般的には、あまり知られていない人工内耳ですが、手術をされる方は増加傾向にあります。 

日本国内で人工内耳の手術を受けられる方の数は、年間で600例を超えています。人工内耳を装着することで聴力の改善が期待でき、日常生活の質は向上します。

ただし重度の難聴の方すべてに、人工内耳が適応できるとは限りません。 

人工内耳がどのようなものであるか知ることは、難聴を治すためにとても大切です。このページでは、難聴を治したい方のために、人工内耳のしくみなどについて詳しく説明しております。

 【目次】

  1. 人工内耳とは
  2. 人工内耳の適応について
  3. 人工内耳の手術
  4. 人工内耳を装着した方が気をつけること

1.人工内耳とは

人工内耳のしくみ

▲クリックして画像を拡大

人工内耳とは、音を聴くために重要な部位のひとつ、蝸牛(かぎゅう)のはたらきを担う人工の臓器です。

蝸牛とは文字通り、かたつむりに似た形をした内耳にある器官です。鼓膜から伝わった音の振動を、蝸牛は電気信号に変換してから聴神経へと伝えます。

人工内耳は、体外で音を拾う装置と、耳の内部に埋め込む装置があります。

見た目に補聴器と同じような耳にかけた装置で外部の音を拾い、スピーチプロセッサというもので音声を電気信号に替えます。

電気信号はケーブルを通り、磁石である送信コイルを介して受信装置の電極に伝わります。電極は蝸牛のあたりに置かれています。

電気信号は次に聴神経から脳内へと送られることになります。そうして脳内で、音として認識されるのです。

2.人工内耳の適応について

人工内耳の適応については、まず適正を検証する必要があります。

聴力が低く補聴器では補うことのできない、身体障害者手帳の2級または3級をお持ちの方が該当します。

人工内耳の装着が望ましいか、外科手術が可能かなど、医学的な側面から検査をします。

日本耳鼻咽喉科学会が明示する適応の基準があります。下記にまとめました。

  • 高度難聴で、聴力検査の結果が両耳とも90デシベル以上である。
  • 補聴器を試しても聴覚効果が得られない(小児の場合、最低でも6カ月間は要使用)。
  • 全身麻酔での外科手術に対応できるか。
  • 小児の場合、原則として1歳以上。装着後は、学校や医療機関などの指導や支援体制が整っているか。
  • 術後、意欲的にリハビリテーションを実施できるか。

また人工内耳を装着したくても、適応できない場合もあります。中耳炎などで耳内に持続的な炎症があれば、手術をするより炎症を抑える治療が先決となります。先天的に蝸牛が塞がっている、極端に狭いなどスペースがない場合は難しくなります。

人工内耳の手術をすることで、重篤な合併症を引き起こす可能性が高い場合も断念せざるをえません。また聴覚中枢に障害がある、あるいは重度の精神障害がある方も、適応外となります。

3.人工内耳の手術

人工内耳の手術に際しては、事前の検査を行います。炎症などがないか、中耳や内耳の状態が悪くないか診断します。

また電極を埋め込む蝸牛の形状に問題がないかも確認します。CTやMRTといった画像診断の方法がとられます。

術後に副作用として、一過性のめまいが生じることがあります。

バランス感覚と関係の深い前庭神経や半規管をあらかじめ調べておくことで、副作用が出やすいか予測がつくのです。

内耳の粘膜に電気刺激を与え、実際の人工内耳を装着した時に反応するかをシミュレーションするデモテストも実施します。左右どちらが優位かなどを検査するものであり、この結果で適応外になるという性質のものではありません。

人工内耳では、術後のリハビリテーションをどれだけきちんと行うかで、活用の度合いがかわってきます。聴こえ方をよくするために、訓練や人工内耳の調整も必要です。とくに感覚を伝えるのが未熟なお子様は、言語聴覚士の専門的な指導を受けるようになります。

4.人工内耳を装着した方が気をつけること

人工内耳を装着した方が気をつけることがいくつかあります。

ペーメーカーなどと同様に磁気の影響を受けます。普段の生活で接する家電製品(炊飯器や電子レンジ、携帯電話など)では差支えありませんが、なるべく避けたいものです。

MRI検査では強い磁気が出ます。別の疾患があり検査が必要となった場合、磁気の程度を制限する、人工内耳に磁気が影響しないよう覆うなど、何らかの対策が必要です。

人工内耳を装着していることを、あらかじめ医療機関や周囲に伝えておくことが肝心です。

人工内耳の使用率は増えているとはいえ、世界的にみるとまだ少ない方です。しかし、幼少のお子様に対して手術を施す例は増加しており、日本国内でも施術者の低年齢化を認める方向にあります。

人工内耳の装置は、使いやすさや性能も改良されています。難聴による生活の不便さを感じていらっしゃる方は、今後の進歩を期待したいところですね。どうぞあきらめず、治療やリハビリテーションと向き合ってください。

当サイトの運営者について

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

休診日
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・講義により、臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約はこちら

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

スタッフ紹介

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

営業時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。